微力ながらも村の活性化に貢献したい―叔父の思いを受け継いで。


当社の代表金川敏治の故郷、山口県長門市俵山は人口1,200人程の小さな村です。

 

温泉番付で西の横綱に選ばれた俵山温泉があり、かつては湯治場として栄えていましたが、ここ数十年で高齢化と過疎化が進んでいます。

 

代表も高校卒業後、俵山を離れた1人でした。

1人、2人と若者が村を離れていく中、

代表の叔父の金川鐵男は俵山の活性化を願い、村の交流人口を増やす場を作るために、40年間たった1人で私有の山にしゃくなげ植え続けました。


 

叔父が植えたしゃくなげは、40年間で3万本にもなり、俵山の金川しゃくなげ園として、長門市でも有数の観光地になりました。

 

 毎年4月中旬~5月上旬になると、約5haの土地に、赤・ピンク・白の170種のしゃくなげが咲き誇り、全国から沢山の観光客が訪れます。

 

平成21年には花の名所や花の景観を整備し、地域の観光振興に寄与している団体等を表彰する「花の観光地つくり大賞」を個人で初めて受賞しました。



花による村おこしで、俵山のために奮闘してきた叔父を

代表は深く尊敬しています。

自分を育ててくれた故郷の為に、

自分にも何かできることはないかと考え、思いついたのが

物心がついた時からいつも側にあったゆずを使った商品作りでした。

 

俵山には村のいたるところに、誰が植えたわけでもない

ゆずの古木が沢山あります。

 

身近にありすぎて村の方たちが目にもくれなかったゆずを商品化し

加工・お土産として販売できれば、これまで何も生まなかったゆずから収入や雇用が生まれ、更に、俵山という村のことを全国の方々に知ってもらえるきっかけになる!!と、10年前からゆず商品の製造・販売を開始しました。