実生ゆずのかな川は、

山口県長門市俵山に自生している

実生(みしょう)の柚子を使用し、

NPO法人ゆうゆうグリーン俵山の皆様のご協力の元、

廃校になった俵山中学校の給食室を加工場として活用。

 

地域活性化を目指して

村の方々とゆず商品の製造、販売を行っています

 

 

オンラインショップはこちら

(ページが切り替わります。)



山口県長門市俵山産 実生(みしょう)ゆず。

 

種から育ったゆずは、実がなるまでに18年以上かかるのを知っていますか?

 

種から芽を出し、成長した柚子のことを実生(みしょう)ゆずと言います。

 

実生ゆずは、

全国に5,000本しかないと言われているゆず。

 

山口県長門市俵山では、豊かな自然の中で、

樹齢が何十年にもなる実生ゆずが1000本ほど育っています。

 

実生ゆずは、発芽した後、

地中深くまでまっすぐ根を伸ばします。

 

厳しい自然を生き抜く為に、

根を下へ下へと伸ばした後、

地下から豊富なミネラル分を吸い上げ、

上へ上へと太陽に向かって伸びていきます。

 

じっくりと自然の力を蓄えながら成長するため、

実がなるまでに長い時間がかかりますが、

その分味が濃く、香り高いゆずになると言われています。

 

実をつけるまで18年以上の歳月がかかるゆずには、

結実や収穫の喜びに由来して、

“嬉しい知らせ”という花言葉あります。

↑発芽したばかりの

実生柚子

↑実生ゆずの成木。

樹高は6~7メートルになるものも。


ゆずの成長過程は2種類。実生で育つものと接ぎ木で育つものがあります。



貴重な実生ゆずを美味しく食べていただくために。

自然任せの為、収穫量に限りがある俵山の実生ゆず。豊作の年もあれば、裏年もあります。

実生ゆずを美味しく食べていただくために、実生ゆずのかな川は、全て手作りにこだわっています。



香りまで美味しい!かな川のゆずアイテムたち。


ゆずって何がからだにいいの?



▼ご注文はこちらから(画像クリックでオンラインショップへ移動します。)


【2020.11】

10/4(日)~ オンラインショップリニューアル!

度々お客様より“pay palでの決済に慣れない”というお声をいただいておりましたので、クレジットカードの決済方法を変更しました。貴重なご意見を有難うございました。

 

→会員登録機能を追加しました。お買い物金額に応じてポイントがたまります。(100円=1ポイント)

 

◆10/17(土)~19(月)の3日間、福岡三越地下 食品売場にて開催のFood EXPO Kyushuに出店します。お近くに来られた際は、是非お立ち寄りください。